第4回新潟ジャズコンテストで、優勝!

posted by on 2015.11.15, under BLOG, NEWS, PHOTOS
15:

第4回新潟ジャズコンテスト:ジャズボーカル部門で優勝しました!

(他に、プレーヤー部門、作曲部門)

ジャズボーカル部門は、プロアマ問わず、南は沖縄県から、北は宮城県までのジャズボーカル39名で競い合いました。予選後、10名での本選が昨日あり、念願の優勝を果たしました。

プレーヤー部門で優勝したReo Kasai 氏は、世界的ミュージシャンと共演多数のプロのトランペンター。帰京する途中で多くのことを教えてくれました。で、彼に言われ初めて気づいたが、この新潟ジャズコンテストの交流は、情熱のるつぼだということ。少しでも上に行こうと励む人たちのエネルギー、半端なし。特別審査員の宮本貴奈さんの情熱も凄く、一人一人に、寸評とアドバイスを、できれば対面で伝えようとするそのエネルギー、得難し。

そして、感謝申し上げます。
大会委員長で審査員・ギタリスト・作曲家の石山経麻朗様、事務局長石山桂子さん、
心の支柱ドラマー内山二夫さん、美的支柱ピアノ細木久美さん、音楽的支柱ベース岡田保紀さん。

審査員の方々にも。
世界で活躍され、TOKU・中西圭三・佐藤竹善さんと共演共作作曲レコーディングされている特別審査員の宮本貴奈さん、中野進さん、後藤丹さん、菅又淑子さん、中林恭子さん、柳本幸子さん石川真理子さん、ありがとうございました。

多くのスタッフの方にも。
映画「飛べ!ダコダ 」の原作者石坂智恵美さん、NHKラジオ深夜便MCで活躍の「
星と陸のカメラマン」渡部佳則さん他。

会場で聞いていただいた来場のリスナーの方々。

声をかけてくれたり、笑顔で会釈をいただいた方々も。’新潟’を感じました。

そして、今回の優勝は、次の方に捧げます。

今年突然逝ってしまった二人、偉大なエンタメボーカリスト村上正先輩。死して永遠の優しさを残す蒲田道博お兄ちゃん。もはやパートナーのプロギタリスト穂積翔太氏。そして僕の師匠 矢野眞道先生。
触れる度に、その優しさと想いやりに感動する新潟市民の方々。

これをきっかけに、3年病気に苦しんだ僕の長かった冬が終わりそうな気がしています。感謝


Comments are closed.

pagetop